著書

在田一則、竹下徹、見延庄士郎、渡部重人編, 2010: 「地球惑星科学入門」, 北海道大学出版会,  427pp. (第19章、第20章を分担執筆)

筆保弘徳、芳村圭編, 2013: 「天気と気象についてわかっていることいないこと」, ベレ出版,  280pp.  (第1章を分担執筆)

稲津 將, 2016: 「解ける!使える!微分方程式」, 北海道大学出版会, 232pp.

学術講演

招待講演(国外)

・Inatsu, M., M. Kimoto, and A. Sumi: Stratospheric sudden warming with projected global warming and related tropospheric wave activity, JSPS-DFG Round Table on Climate System Research - Status and Perspective, Hamburg, 16 January 2008.

・Inatsu, M., R. Kuno, and N. Nakano: Mixture of dynamical downscaling and statistical downscaling, Tsukuba, 3 October 2013.

・Inatsu, M., N. Nakano, and H. Mukougawa: Dynamics and practical predictability of extra-tropical wintertime low-frequency variability in a low-dimensional system. RIMS International Conference on Theoretical Aspects of Variability and Predictability in Weather and Climate Systems. Kyoto, 23 October 2013.

・Yamada, T. J., M. Inatsu, T. Sato, K. Nakamura, S. Sugimoto, M. Farukh, A. Komatsu, N. Matsuoka, Development and application of comprehensive downscaling methods for Hokkaido region, Japan, AOGS, Sapporo, 31 July 2014.

・Inatsu, M., Development of sampling downscaling, AOGS, Sapporo, 1 August 2014.

招待講演(国内)

・稲津 將: ジェット=ストリームの謎を気候モデルで解く, 日本気象学会北海道支部会夏期大学,   札幌, 2008年7月28日.

国際学会発表

・Inatsu, M., H. Mukougawa, and S.-P. Xie: On the localization of strong wind shear and storm tracks in an idealized AGCM. International Workshop on Global Change: Connection to the Arctic, Sapporo, 25 January 2001.

・Mukougawa, H., M. Inatsu, and S.-P. Xie: Formation of zonal asymmetry in wintertime circulations in an idealized AGCM: Westerly jet core, stationary eddy, and storm track. U.S.-Japan Seminar, Kyoto, 13 March 2001.

・Inatsu, M., H. Mukougawa, and S.-P. Xie: GCM experiments on the impact of surface boundary conditions on the Arctic Oscillation. U.S.-Japan Seminar, Kyoto, 13 March 2001.

・Inatsu, M., H. Mukougawa, and S.-P. Xie: Zonal variation in westerly jet wind and storm tracks in an idealized AGCM. IPRC Seminar, Univ. of Hawaii, Honolulu, Hawaii, USA, 1 June 2001.

・Inatsu, M., H. Mukougawa, and S.-P. Xie: Zonally localized storm tracks in an idealized AGCM. American Meteorological Society, 13th Conference on Atmospheric and Oceanic Fluid Dynamics, Brekenridge Colorado, USA, 6 June 2001

・Mukougawa, H., M. Inatsu, and S.-P. Xie: Formation of zonal asymmetry in wintertime circulations in an idealized AGCM: Westerly jet core, stationary eddy, and storm track. IAMAS 2001, Innsbruck, Austria, 12 July 2001.

・Inatsu, M., and H. Mukougawa, and S.-P. Xie: Atmospheric response to zonal variations in mid-latitude SST: Transient and stationary eddies and their feedback. International Symposium on Stratospheric Variations and Climate, Fukuoka, 13 November 2002.

・Inatsu, M., and H. Mukougawa, and S.-P. Xie: Atmospheric response to zonal variations in mid-latitude SST: Transient and stationary eddies and their feedback. IUGG 2003, Sapporo, 11 July 2003.

・Inatsu, M., M. Kimoto, H. Mukougawa, S.-P. Xie, and B. J. Hoskins: The mid-latitude storm track response to terrestrial and radiative forcings. The University Allied Workshop on Climate and Environmental Studies for Global Sustainability, Zushi, Kanagawa, 21 July 2004.

・Inatsu, M., and M. Kimoto: The atmosphere--ocean coupled effect in the high-resolution CCSR/NIES/FRCGC GCM. Kona, Hawaii, USA, 24 Feb 2005.

・Inatsu, M., Brian J. Hoskins, H. Mukougawa, S.-P. Xie, and M. Kimoto: The mid-latitude storm track response to terrestrial and radiative forcings. IPRC Seminar, Univ. of Hawaii, Honolulu, Hawaii, USA, 28 Feb 2005.

・Inatsu, M., and M. Kimoto: The atmosphere--ocean coupled effect in the high-resolution CCSR/NIES/FRCGC GCM. IAMAS, Beijing, China, 9 Aug 2005.

・Inatsu, M., and B. J. Hoskins: The zonal asymmetry of the Southern Hemisphere winter storm-track. IAMAS, Beijing, China, 11 Aug 2005.

・Inatsu, M., and M. Kimoto: The atmosphere--ocean coupled effect in the high-resolution CCSR/NIES/FRCGC GCM. EGU, Vienna, Austria, 4 Apr 2006.

・Inatsu, M., M. Kimoto, and A. Sumi: An aspect of stratospheric and tropospheric global warming response in an atmosphere-ocean coupled GCM. Workshop on polar and global climate modeling: connection and interplay, Fairbanks, Alaska, USA, 14 Jun 2006.

・Kimoto, M., A. Sumi, and M. Inatsu: High-resolution coupled ocean-atmosphere modeling for climate studies. Workshop on polar and global climate modeling: connection and interplay, Fairbanks, Alaska, USA, 14 Jun 2006.

・Inatsu, M., M. Kimoto, and A. Sumi: The stratospheric sudden warming and its global warming response in an atmosphere-ocean coupled GCM. 2nd Korea-Japan-China Joint Conference on Meteorology, Seoul, Korea, 11 Oct 2006.

・Inatsu, M., and M. Kimoto: A scale interaction study on East Asian cyclogenesis using a general circulation model with an interactively nested regional model. AGU fall meeting, San Francisco, USA, 18 Dec 2008.

・Minobe, S., T. Asai, M. Miyashita, K. Takatama, and M. Inatsu: Influence of the Kuroshio in the East China Sea on the atmosphere. The 15th Pacific-Asian Marginal Seas Meeting, Busan, Korea, 23 April 2009 (invited).

・Inatsu, M., and M. Kimoto: Combing GCM and regional model: A two-way nesting approach. Workshop on the dynamical downscaling. Tsukuba, 27 Jan 2010.

・Inatsu, M.: The neighbor enclosed area tracking algorithm and its application to cyclone merger above the Kuroshio. Ocean Science Meeting, Portland, USA, 23 Feb 2010.

・Asai, T., S. Minobe and M. Inatsu: Influence of the Kuroshio in the East China Sea on the troposphere and relating disastrous heavy rainfall event. Ocean Science Meeting, Portland, USA, 23 Feb 2010.

・Takatama, K., S. Minobe, and M. Inatsu: Contributions of different mechanisms for atmospheric response to the Gulf Stream in a regional atmospheric model. Ocean Science Meeting, Portland, USA, 25 Feb 2010.

・Inatsu, M., and M. Kimoto: Combing GCM and regional model: A two-way nesting approach. IPRC Seminar. Honolulu, USA, 1 Mar 2010.

・ Inatsu, M., S. Amada, and Y. Satake: The neighbor enclosed area tracking algorithm and its application to cyclone merger in the midlatitudes. EGU, Vienna, Austria, 4 May 2010.

・Inatsu, M., and M. Kimoto: A scale interaction study on East Asian cyclogenesis using a general circulation model with an interactively nested regional model. EGU, Vienna, Austria, 5 May 2010.

・ Inatsu, M., M. Kimoto, and Y. Satake: A scale interaction study on East Asian cyclogenesis using a general circulation model coupled with an interactively nested regional model. NHM International Workshop, Kyoto, 30 Sep 2010.

・ Inatsu, M., T. Yamada, T. Sato, K. Nakamura, M. Saito and A. Komatsu: Development and application of comprehensive downscaling methods over Hokkaido. Workshop on the dynamical downscaling. Tsukuba, 18 Jan 2011.

・ Inatsu, M., and M. Kimoto: A scale interaction study on East Asian cyclogenesis using a general circulation model coupled with an interactively nested regional model, WCRP, Denvar, USA, 24-28 Oct 2011.

・Inatsu, M., N. Nakano, and H. Mukougawa: Dynamics and predictability of extratropical wintertime low-frequency variability examined by a stochastic differential equation in a low-dimensional system, EGU, Vienna, Austria, 23 Apr 2012.

・ Inatsu, M., T. J. Yamada, T. Sato, K. Nakamura, N. Matsuoka, A. Komatsu, Y. N. Pokarel, S. Sugimoto, and S. Miyazaki, A new project on development and application of comprehensive downscaling methods over Hokkaido, EGU, Vienna, Austria, 26 Apr 2012.

・Minobe, S., Y. N. Sasaki, A. Kuwano-Yoshida, H. Tokinaga, T. Asai, M. Inatsu, S.-P. Xie, Atmospheric responses to the Gulf Stream and the Kuroshio: Similarities and differences, JPGU, Chiba, May 2012.

・Kuno, R., and M. Inatsu, Development of sampling downscaling, AGU fall meeting, San Francisco, USA, 6 Dec 2012.

・Inatsu, M., R. Kuno, and N. Nakano: Mixture of dynamical downscaling and statistical downscaling, Tsukuba, 3 October 2013 (invited).

・Inatsu, M., N. Nakano, and H. Mukougawa: Dynamics and predictability of extratropical wintertime low-frequency variability examined by a stochastic differential equation in a low-dimensional system, RIMS International Conference on Theoretical Aspects of Variability and Predictability in Weather and Climate Systems. Kyoto, 23 Oct 2013 (invited).

・ Tamaki, Y., and M. Inatsu, N. Nakano, R. Kuno, Sampling downscaling method and its application to Hokkaido summer climate, 21st Century Challenges in Regional Climate Modelling, Lund, Sweden, 18 June 2014.

・Yamada, T. J., M. Inatsu, T. Sato, K. Nakamura, S. Sugimoto, M. Farukh, A. Komatsu, N. Matsuoka, Development and Application of Comprehensive Downscaling Methods for Hokkaido Region, Japan, AOGS, Sapporo, 31 July 2014 (invited).

・Inatsu, M., Development of sampling downscaling, AOGS, Sapporo, 1 August 2014 (invited).

・Ishiyama, H., H. Ueno, M. Inatsu, and S. Itoh, Global distributions of merger and split of oceanic mesoscale eddies, AGU, San Fransisco, 18 Dec 2014.

・Inatsu, M., and K. Katsube, Response of tropical cyclone tracks to sea surface temperature in western North Pacific, Seoul, Satellite Session of 18th SNU-HU joint symposium, 27 November 2015.

・Inatsu, M., and K. Katsube, Response of tropical cyclone tracks to sea surface temperature in western North Pacific, EGU, Vienna, Austria, 22 Apr 2016.

・Tamaki, Y., and M. Inatsu, N. Nakano, R. Kuno, Sampling downscaling method and its application to Hokkaido summer climate, EGU, Vienna, Austria, 18 Apr 2016.

・Neu, U., and Coauthors, Intercomparison of mid latitude storm diagnostics (IMILAST) ? overview of project results, EGU, Vienna, Austria, 18 Apr 2016.

・Kajino, M., M. Ishizuka, Y. Igarashi, K. Kita, C. Yoshikawa, and M. Inatsu, Long-term assessment of airborne radio-cesium after the Fukushima nuclear accident: re-suspension from soil and vegetation and the premises of the power plant, EGU, Vienna, Austria, 22 Apr 2016.

・Ichikawa, Y., and M. Inatsu, Methods to evaluate prediction skill in the Madden-Julian oscillation phase space, JpGU, Chiba, Japan, 22-26 May 2016.

・Kajino, M., M. Ishizuka, Y. Igarashi, K. Kita, C. Yoshikawa, and M. Inatsu, Long-term assessment of airborne radio-cesium after the Fukushima nuclear accident: re-suspension from soil and vegetation and the premises of the power plant, Goldschmidt 2016, Yokohama, Japan, 26 Jun-1 Jul 2016.

・Kajino, M., M. Ishizuka, Y. Igarashi, K. Kita, C. Yoshikawa, and M. Inatsu, Long-term assessment of airborne radio-cesium after the Fukushima nuclear accident: re-suspension from soil and vegetation and the premises of the power plant, European Aerosol Conference, Tours, France, 4-9 Sep 2016.

・Inatsu, M., and K. Katsube, 2016: Response of Tropical Cyclone Tracks to Sea Surface Temperature in the Western North Pacific, AGU, San Fransicso, 12 Dec 2016.

・Katsuyama, Y., M. Inatsu, K. Nakamura, and S. Matoba, 2016: Global warming response of snowpack at a site in northern Japan estimated using multiple dynamically downscaled data, AGU, San Fransicso, 1X Dec 2016.

・Ishiyama, H., U. Hiromichi, and M. Inatsu, 2017: Characteristics of Aleutian eddy and its impact on Chlorophyll distribution, PICES, Sep 2017.

国内学会発表

・稲津 將・向川 均・謝 尚平: 偏西風とストームトラックの関係について. 日本気象学会北海道支部1998年度第2回研究発表会, 札幌, 1998年11月19 日.

・稲津 將・向川 均・謝 尚平: 山岳のないAGCM における東西非一様な時間平均場の形成. 地球流体セミナー, 登別, 北海道, 1999年3月17日.

・稲津 將・向川 均・謝 尚平: 山岳のないAGCM における東西非一様な時間平均場の形成. 日本気象学会1999年春季大会, 東京, 1999年4月28日.

・稲津 將・向川 均・謝 尚平: 山岳のないAGCMにおける対流圏の中高緯度の定在波動. 日本気象学会1999年秋季大会, 福岡, 1999年11月26日.

・ 稲津 將・向川 均・謝 尚平: 熱源分布による亜熱帯ジェットの形成. 第12回日本気象学会夏季特別セミナー, 千歳, 北海道, 2000年7月15日.

・ 稲津 將・向川 均・謝 尚平: 理想化したAGCMにおけるストームトラックの局在化. 日本気象学会 2000年秋季大会, 京都, 2000年10月20日.

・稲津 將・向川 均・謝 尚平: 北極振動の東西非一様性を同定する境界条件. 日本気象学会2001年春季大会, 東京, 2001年5月10日.

/稲津 將・向川 均・謝 尚平: 中緯度海面水温に対するストームトラックの応答. 特定領域研究 (B) 「成層圏力学過程とオゾンの変動およびその気候への影響」 平成13年度公開シンポジウム, 東京, 2002年2月19日.

・向川 均・中澤 留威・荒井 美紀・稲津 將: 北太平洋域でのブロッキング形成に対する大規模山岳の役割. 日本気象学会2002年度秋季大会,札幌,2002年10月11日.

/・稲津 將・向川 均・謝 尚平: 中緯度SST強制に対する定常波とストームトラック形成機構. 日本気象学会2002年秋季大会, 札幌, 2002年10月11日.

・稲津 將・Brian J Hoskins: 南半球ストームトラックの東西非対称性の季節および経年変動. 日本気象学会2004年春季大会, 東京, 2004年5月16日.

・ 稲津 將・Brian J Hoskins: 南半球ストームトラックの東西非対称性の形成. 日本気象学会2004年春季大会, 東京, 2004年5月19日.

・稲津 將・木本 昌秀: 温暖化時のストームトラックの真冬の振幅極小. 日本気象学会2004年秋季大会, 福岡, 2004年10月6日.

・ 稲津 將・木本 昌秀: 温暖化時のストームトラック, 平成16年度京都大学防災研究所特定共同研究集会「異常気象と長期変動」, 宇治, 京都, 2004年10月21日.

・稲津 將・木本 昌秀: 高解像度CCSR/NIES/FRCGC GCMにおける大気海洋結合効果, 日本気象学会2005年春季大会, 東京, 2005年5月17日.

・稲津 將・木本 昌秀: 高解像度CCSR/NIES/FRCGC GCMにおける大気海洋結合効果, 平成17年度京都大学防災研究所特定共同研究集会「気候変動のメカニズムと予測可能性」, 宇治, 京都, 2005年10月27日.

・稲津 將: 南半球冬季のストームトラックの東西非一様性 --2005年度山本・正野論文賞受賞記念講演--, 日本気象学会2005年秋季大会, 神戸, 2005年11月21日.

・稲津 將・楊 鵬: 気候データの応用利用促進に向けて, 領域創成プロジェクト並びに気候環境アプリケーション創成コンソーシアム発足記念ワークショップ, 東京, 2005年12月27日.

・稲津 將・木本 昌秀・住 明正: 温暖化気候における成層圏突然昇温, 日本気象学会2006年秋季大会, 名古屋, 2006年10月25日.

・稲津 將・木本 昌秀・住 明正: 温暖化気候における成層圏突然昇温, 平成18年度京都大学防災研究所特定共同研究集会「異常気象の予測可能性と気候の変化・変動」, 宇治, 京都, 2006年11月17日.

・稲津 將・楊 鵬・木本 昌秀: プロジェクト1年の取り組み〜双方向ネスティングシステムの開発と中国華北の冬小麦生産高の気候変動に対する応答, 領域創成プロジェクト並びに気候環境アプリケーション創成コンソーシアム第1回研究会, 柏, 千葉, 2007年2月2日.

・楊 鵬・稲津 將・木本 昌秀・陳 鮮艶, 2007: Climate Change Impact on Agriculture in North China Plain by Using EPIC Model and MIROC Data, 日本農業気象学会予稿集, p52, 2007年3月28日.

・稲津 將, 2008: 南半球インド洋から伝播する定常波変動に関する解析, 日本気象学会春季大会, 横浜, 2008年5月20日.

・稲津 將・木本 昌秀, 2008:インタラクティブネスティングシステム(INCL)を用いた小規模温帯低気圧が気候に及ぼす影響(1)小規模渦の効果. 日本気象学会北海道支部2008年度第1回研究発表会, 札幌, 2008年6月9 日.

・高玉 孝平・見延 庄士郎・稲津 將, 2008: 領域大気モデル中の湾流に対する大気応答のメカニズム, 平成20年度京都大学防災研究所特定共同研究集会「気候変動と異常気象─メカニズムと予測可能性」, 宇治, 京都, 2008年10月31日.

・稲津 將・木本 昌秀, 2008:北半球冬季の北東アジアにおけるスケール間相互作用研究 (1) 亜総観規模擾乱の効果, 日本気象学会秋季大会, 仙台, 2008年11月20日.

・ 稲津 將・木本 昌秀, 2009: 北半球冬季の北東アジアにおけるスケール間相互作用研究(2)亜総観規模山岳の効果, 日本気象学会春季大会, つくば, 2009年5月31日.

・稲津 將, 2009: 隣接閉領域トラッキング. 日本気象学会北海道支部2009年度第1回研究発表会, 札幌, 2009年6月5 日.

・見延 庄士郎・浅井 丈昭・稲津 將, 2009: 東シナ海の黒潮による梅雨への影響:降水集中化の可能性, 日本海洋学会秋季大会, 京都, 2009年10月29日.

・浅井 丈昭・見延 庄士郎・稲津 將, 2009: 東シナ海の黒潮による梅雨への影響:降水集中化の可能性.  平成21年度京都大学防災研究所特定共同研究集会「異常気象と長期変動」, 宇治, 京都, 2009年10月29日

・稲津 將, 2009: 隣接閉領域トラッキング.  平成21年度京都大学防災研究所特定共同研究集会「異常気象と長期変動」, 宇治, 京都, 2009年10月30日.

・稲津 將, 2009: 隣接閉領域トラッキング. 日本気象学会秋季大会, 福岡, 2009年11月25日.

・浅井 丈昭・見延 庄士郎・稲津 將, 2009: 東シナ海の黒潮による梅雨への影響:降水集中化の可能性. 日本気象学会北海道支部2009年度第2回研究発表会, 札幌, 2009年12月21日.

・天田 祥太郎・稲津 將, 2009: 隣接閉領域トラッキングを用いた対流圏上層における渦挙動の気候学的解析. 日本気象学会北海道支部2009年度第2回研究発表会, 札幌, 2009年12月21日.

・佐竹 祐哉・稲津 將・見延 庄士郎, 2009: 隣接閉領域トラッキングによる台風トラック. 日本気象学会北海道支部2009年度第2回研究発表会, 札幌, 2009年12月21日.

・浅井 丈昭・見延 庄士郎・稲津 將, 2010: 東シナ海の黒潮による梅雨への影響U:非静力学モデル実験. 日本海洋学会春季大会, 東京, 2010年3月27日.

・高玉 孝平・見延 庄士郎・稲津 將, 2010: 領域大気モデル中の境界層全層における湾流に対する大気応答のメカニズム.日本海洋学会春季大会, 東京, 2010年3月27日.

・佐竹 祐哉・稲津 將・見延 庄士郎, 2010: 隣接閉領域トラッキングによる台風トラック. 日本気象学会2010年度春季大会, 東京, 2010年5月24日.

・岩尾 航希・稲津 將・木本 昌秀, 2010: 冬季日本周辺で起きる爆弾低気圧の長期変化. 日本気象学会2010年度春季大会, 東京, 2010年5月24日.

・高藪 出・大楽 浩司・木村 富士男・田中 賢治・西森 基貴・鼎 信次郎・稲津 將他S-5-3参画研究者一同, 2010: 「温暖化影響評価のためのマルチモデルアンサンブルとダウンスケーリングの研究」第1期研究の紹介. 日本気象学会2010年度春季大会, 東京, 2010年5月26日.

・稲津 將・木本 昌秀・佐竹 祐哉, 2010: 双方向ネスト実験はGCM バイアスを低減できるか?-1997年夏の例. 日本気象学会北海道支部2010年度第1回研究発表会, 札幌, 2010年6月6日.

・稲津 將, 2010: 大気力学からの提案. 日本海洋学会秋季大会, 網走, 2010年9月7日.

・稲津 將・木本 昌秀・佐竹 祐哉, 2010: 双方向ネスト実験はGCM バイアスを低減できるか?-1997年夏の例. 日本流体力学会2010年会, 札幌, 2010年9月9日.

・稲津 將・木本 昌秀・佐竹 祐哉, 2010: 双方向ネスト実験はGCM バイアスを低減できるか?-1997年夏の例. 日本気象学会2010年度秋季大会, 京都, 2010年10月28日.

・佐竹 祐哉・稲津 將, 2010: 隣接閉領域トラッキングによる台風トラック, 平成22年度京都大学防災研究所共同研究集会「台風研究会」, 京都, 2011年1月13日.

・稲津 將・寺倉 和敬, 2011: 日本付近の冬季の温帯低気圧頻度, 日本気象学会北海道支部2011年度第1回研究発表会, 札幌, 2011年6月8日.

・稲津 將・中野 直人・向川 均, 2011: 気候力学確率微分方程式の構築に向けて「地球環境流体研究と数理科学」ワークショップ, 札幌, 2011年6月10日.

・稲津 將, 2011: 「領域モデルを用いた気候研究」, 北海道大学HSSセミナー, 札幌, 2011年6月22日.

・稲津 將・寺倉 和敬, 2011: 日本付近の冬季の温帯低気圧頻度, 「気候系のhot spot:熱帯と寒帯が近接するモンスーンアジアの大気海洋結合変動」2011年度全体会議, 札幌, 2011年8月2-5日.

・石山 宙夢・上野 洋路・稲津 將, 2011: アリューシャン渦の形成及び伝播特性, 日本海洋学会2011年度秋季大会, 福岡, 2011年9月27日.

・ 稲津 將・寺倉 和敬, 2011: 日本付近の冬季の温帯低気圧頻度, 日本気象学会2011年度秋季大会, 名古屋, 2011年11月16日.

・ 稲津 將・中野 直人・向川 均, 2011: 低次元系における確率微分方程式による中高緯度冬季の長周期変動の力学と予測可能性(1), 日本気象学会北海道支部2011年度第2回研究発表会, 札幌, 2011年12月14日.

・中野 直人・稲津 將・向川 均・楠岡 誠一郎, 2011: 確率微分方程式を用いた気候モデルについて, RIMS共同研究「偏微分方程式の背後にある確率過程と解の族が示す統計力学学的な現象の解析」, 京都, 2011年12月20日.

・久野 龍介・稲津 將, 2012: サンプリング=ダウンスケーリングの開発(T)手法の概要と地域降水と共変動する大規模場の同定, 日本気象学会2012年度春季大会, つくば, 2012年5月28日.

・久野 龍介・稲津 將, 2012: サンプリング=ダウンスケーリングの開発−手法の概要と再解析データへの適用−, 日本気象学会北海道支部2012年度第1回研究発表会, 札幌, 2012年6月18日.

・稲津 將, 2012: 気象における渦と渦, 渦の特徴づけ研究会, 札幌, 2012年8月7日.

・中野 直人・稲津 將・向川 均, 2012: 低次元相空間における確率微分方程式を用いた季節予測可能性の評価, 日本流体力学会年会2012, 高知大学, 2012年9月16日.

・久野 龍介・稲津 將, 2012: サンプリング=ダウンスケーリングの開発(U) 再解析データへの適用, 日本気象学会2012年度秋季大会, 札幌, 2012年10月3日.

・稲津 將・中野 直人・向川 均, 2012: 低次元系確率微分方程式による中高緯度冬季の長周期変動の力学と予測可能性, 日本気象学会2012年度秋季大会, 札幌, 2012年10月4日.

・稲津 將・天田 祥太郎, 2012: 隣接閉領域トラッキング法を用いた上部対流圏の渦の力学と形状, 日本気象学会2012年度秋季大会, 札幌, 2012年10月5日.

・中野 直人・斉木 吉隆・稲津 將・楠岡 誠一郎, 2012: 時系列データに対する確率微分方程式モ デルの統計的係数決定公式と軌道の予測可能性について , 文科省ワークショップ「地球気象気候現象のデータ解析とモデルの精密化」, 札幌, 2012年12月27日.

・中野 直人・斉木 吉隆・稲津 將・楠岡 誠一郎, 2013: 時系列データに対する確率微分方程式モデルの統計的係数決定公式と軌道の予測可能性について , RIMS 共同研究「偏微分方程式の背後にある確率過程と解の族が示す統計力学学的な現象の解析」, 京都, 2013年2月14日.

・勝部 弘太郎・稲津 將, 2013: 海面水温を変えた熱帯低気圧の温帯低気圧化の数値実験, 日本気象学会北海道支部2013年度第1回研究発表会, 札幌, 2013年6月24日.

・高橋 良輔・稲津 將, 2013:多段ネストによる北海道の豪雪事例の再現性の検証, 日本気象学会北海道支部2013年度第1回研究発表会, 札幌, 2013年6月24日.

・中山 翼・稲津 將, 2013: ガーナにおける気象情報の空間詳細化, 日本気象学会北海道支部2013年度第1回研究発表会, 札幌, 2013年6月24日.

・石山 宙夢・上野 洋路・稲津 將, 2013: 北太平洋における海洋中規模渦の合併と分裂, 日本海洋学会2013年度秋季大会, 札幌, 2013年9月18日.

・中野 直人・斉木 吉隆・稲津 將・楠岡 誠一郎, 2013: 確率微分方程式を用いた時系列解析における統計的係数決定公式と軌道の予測可能性, 日本数学会2013年度秋期総合分科会, 松山, 2013年9月26日.

・高橋 良輔・稲津 將, 2013:多段ネストによる北海道の豪雪事例の再現性の検証, 農業気象学会北海道支部2013年度大会, 岩見沢, 2013年11月18日.

・森田 英俊・稲津 將・國府 寛司, 2013: Application of a topological-computation method to meteorological data, 2013年度応用数学合同研究集会, 京都, 2013年12月21日.

・森田 英俊・稲津 將・國府 寛司, 2014: Conley-Morseグラフの方法による気象ダイナミクスの時系列データ解析, 2013年度物理学会, 平塚, 神奈川, 2014年3月27日.

・市川悠衣子・稲津 將, 2014: 気象庁1 か月予報におけるマッデンジュリアン振動の予測可能性,日本気象学会2014年度春季大会, 横浜, 2014年5月21日.

・稲津 將・小林 智・武内 伸治・大森 杏奈, 2014: 札幌におけるシラカバ花粉の日飛散量の重回帰予測, 日本気象学会2014年度春季大会, 横浜, 2014年5月21日.

・稲津 將・高橋良輔, 2014: 北海道における豪雨・豪雪の再現性に対する多段ネストの効果, 日本気象学会2014年度春季大会, 横浜, 2014年5月24日.

・ 勝部 弘太郎・稲津 將, 2014: 海面水温を変えた熱帯低気圧の温帯低気圧化の数値実験, 日本気象学会2014年度春季大会, 横浜, 2014年5月23日.

・中山 翼・稲津 將・松田 浩敬・前田 芳恵, 2014: ガーナにおける気象情報の空間詳細化, 日本気象学会2014年度春季大会, 横浜, 2014年5月23日.

・玉置雄大・稲津將・久野龍介・中野直人, 2014: 夏季北海道におけるサンプリングダウンスケーリング, 日本気象学会2014年度春季大会, 横浜, 2014年5月21日.

・市川 悠衣子・稲津 將, 2014:気象庁1か月予報によるマッデン・ジュリアン振動の予測可能性, 日本気象学会北海道支部2014年度第1回研究発表会, 札幌, 2014年6月9日.

・稲津 將・佐藤友徳・山田朋人・久野龍介・杉本志織・M. A. Farukh・Yadu N. Pokhrel・呉修一,2014:北海道における夏季気候変動に関するマルチGCM×マルチRAM実験により力学的ダウンスケーリング, 日本気象学会北海道支部2014年度第1回研究発表会, 札幌, 2014年6月9日.

・稲津 將・中野直人・楠岡誠一郎・向川均, 2014: 非定常揺動散逸定理による冬季成層圏循環の予測可能性, 日本気象学会北海道支部2014年度第1回研究発表会, 札幌, 2014年6月9日.

・石山 宙夢・上野 洋路・稲津 將・伊藤幸彦, 2014:全球における海洋中規模渦の合併と分裂, 日本海洋学会2014年度秋季大会, 長崎, 2014年9月14日.

・稲津 將・佐藤友徳・山田朋人・久野龍介・杉本志織・M. A. Farukh・Yadu N. Pokhrel・呉修一,2014:北海道における夏季気候変動に関するマルチGCM×マルチRAM実験により力学的ダウンスケーリング, 日本気象学会2014年度秋季大会, 福岡, 2014年10月21日.

・稲津 將・中野直人・楠岡誠一郎・向川均, 2014: 非定常揺動散逸定理による冬季成層圏循環の予測可能性, 日本気象学会2014年度秋季大会, 福岡, 2014年10月21日.

・中野直人・稲津將・楠岡誠一郎・齊木吉隆, 2014: 確率微分方程式モデルを用いたベクトル時系列データ解析における予測可能性評価, 応用数学合同研究集会, 京都, 2014年12月20日.

・中野直人・稲津將・楠岡誠一郎・齊木吉隆, 2015: 確率微分方程式モデルを用いたベクトル時系列データ解析におけるアンサンブル予測可能性評価, 日本数学会2015年会, 東京, 2015年3月23日.

・稲津 將, 2015, 確率微分方程式を用いた成層圏・対流圏の予測可能性の解析, 日本気象学会2015年度春季大会, つくば, 2015年5月21日.

・小松麻美・小倉勉・松岡直基・佐藤隆光・山田朋人・稲津將・佐藤友徳, 2015: 北海道における気候変動適応研究のための水文・気象ダウンスケールデータの情報公開ツール「近未来ビューワ」の開発, 日本気象学会2015年度春季大会, つくば, 2015年5月22日.

・稲津 將・濱田 篤, 2015: 気象学の色遣い, 日本気象学会北海道支部第1回研究発表会, 札幌, 2015年6月22日.

・鵜木啓二・山田朋人・稲津 將・佐藤友徳・松岡直基・中村和正, 2015: 北海道における降水量予測値による土壌流亡量, 農業農村工学会, 岡山, 2015年9月2日.

・小松麻美・小倉勉・松岡直基・佐藤隆光・山田朋人・稲津將・佐藤友徳, 2015: RECCA北海道「近未来ビューワ」の開発と公開, 土木学会地球環境シンポジウム, 札幌, 2015年9月4日.

・ 稲津 將・中野直人・楠岡誠一郎・向川均, 2015: 確率微分方程式を用いた成層圏・対流圏の予測可能性の解析, 日本応用数理学会, 金沢, 2015年9月10日.

・森田 英俊・稲津 將・國府 寛司, 2015: Application of a topological-computation method to meteorological data, 2015年日本応用数理学会年会, 金沢, 2015年9月10日.

・勝山祐太・稲津 將・中村一樹, 2015: 北海道ニセコにおける地球温暖化による積雪変化の推定, 日本雪氷学会雪氷研究大会, 松本, 長野, 2015年9月15日.

・ 冨永純平・稲津將・廣田知良, 2015: 力学的ダウンスケーリングに基づく北海道東部における年最大土壌凍結深の将来予測, 日本農業気象学会北海道支部大会, 旭川, 北海道, 2015年12月7日.

稲津 將・冨永純平・勝山祐太・廣田知良, 2016: 力学的ダウンスケーリングに基づく北海道東部における年最大土壌凍結深の将来予測, 日本気象学会2016年度春季大会, 東京, 2016年5月18-21日.

稲津 將・勝部 弘太郎, 2016: 北太平洋における海面水温が台風経路に及ぼす影響, 日本気象学会2016年度春季大会, 横浜, 2016年5月18-21日.

梶野瑞王, 石塚雅秀, 五十嵐康人, 北和之, 吉川知里, 稲津將, 原発事故由来の放射性セシウム大気濃度の長期解析:土壌、植物からの再飛散, 日本地球惑星科学連合大会, 千葉, 2016年5月22-26日.

勝山祐太・稲津 將・中村一樹, 2016: 複数の力学的ダウンスケーリングに基づくニセコにおける積雪の将来変化, 日本気象学会北海道支部第1回研究発表会, 札幌, 2016年6月27日.

稲津 將・勝部 弘太郎, 2016: 北太平洋における海面水温が台風経路に及ぼす影響, 日本気象学会北海道支部第1回研究発表会, 札幌, 2016年6月27日.

稲津 將, 2016: 北海道における原子力防災対策, 第57回大気環境学会年会, 札幌, 2016年9月8日.

稲津 將, 2016: 北太平洋における海面水温が台風経路に及ぼす影響, 台風研究会, 札幌, 2016年11月27日.

稲津 將, 2016: 台風の強度と経路に関する海面水温のみの効果の抽出, 日本農業気象学会北海道支部大会, 札幌, 2016年12月9日.

稲津 將, 加藤颯人, 平岡裕章, 大林一平, 2017: パーシステント・ホモロジーによる低気圧・前線トラッキング, 日本気象学会春季大会, 東京, 2017年5月25日.

玉置雄大・稲津將, Nguyen-Le Dzung, 山田朋人, 2017: 夏季九州における力学的ダウンスケーリングの強降水継続時間のバイアスとそれに関係する総観場, 日本気象学会春季大会, 東京, 2017年5月28日.

相河卓哉・稲津將, 2017: 北半球冬季のブロッキング形成過程における再解析および予報データに対する渦度収支解析, 日本気象学会北海道支部第1回研究発表会, 札幌, 2017年7月24日.

教育業績

博士論文審査(11)

(主査0)

(副査12)

                                                     

修士論文指導(14、内英文6)


                                                     

学部卒業研究指導(15、内英文1)


現在の指導学生(2017年度) (7)

D3 市川 悠衣子

D2 玉置 雄大

D1 勝山 祐太

M2 吉田 遼

M1 相河 卓哉

B4 丹治 星河

B4 越石 健太

        

留学生受け入れ実績

Adambekov Aibek (Kazakhstan; 2012.9-2013.8)